PROFILE


 DAW女(ダウジョ)シンガーソングライター小南千明。

DAW(Digital Audio Workstation)を使って作詞/作曲/編曲を行い、ライブ/ネットで発信し注目を集める新世代のシンガーソングライター。 

2016年スタートさせた主催イベント『DAW女子会』は、同じようにDAWで音楽を制作す る”DAW女”を集結させたイベントとして評判を呼び、2018年7月で8回目を数える。

2016年、オーディション・イベント『MID of MESELLBA Vol.6』にてグランプリを獲得し ポニーキャニオンよりメジャーデビュー決定。

 2017年11月19日に3度目のワンマンライブ「WARP」を開催。デジタルクリエイターとの コラボによるテクノロジー演出を交えたライブを実現し、成功させた。 


・1stミニアルバム『SPIRAL DAYS』(iTunesエレクトロニックで1位、レコチョク総合14位) 

・2ndミニアルバム『Quantize』(iTunesエレクトロニック2位) 

・2018年2月、最新アルバム『WAWAWAWARP』をリリース。

・剛力彩芽『Tic-Tac』作詞

・2012年度東京VERDY公式クラブソング歌唱

・SONY「SIREN」四方田春海役

・書籍「Studio One3で学ぶ音楽の作り方」(リットーミュージック)にオリジナル楽曲「シンデレラ・ガール・コンプレックス」「NEVERENDING STORY」を提供。